ははあ、これは簡単に答えられます。「主格」と「連体修飾格」の話ですね。

 

なんか、こう言うと、ものすごく難しい話のように聞こえるので、「頭が良さそう」と思われたい人は「連体修飾格」という言葉を覚えてください。

 

全然、覚えなくてもいいし、文章の技術にはほとんど影響はしないと思うけど、一応、この連体修飾格とは何か、というと、ぼくたちがよくつかっている「の」のことです。じゃあ、「の」でいいじゃん、と言われたら、ええと答えるしかない。例を出せば、

 

「私の夢」「レディオヘッドの新譜」「福岡の名物」

 

こんなふうに、上の品詞を体言に結びつける「の」を連体修飾格と言います。

 

体言・の・体言

 

という順番ですね。

 

英語っぽい言い方になるかもしれないし、同じとは言えないのだろうけど「所有格」と考えてもいいんじゃないか、とも思います。「my」は「私の」、「your」は「あなたの」と訳しましたよね。この「の」も連体修飾格。普通、ぼくたちは「の」を、この役割で認識しています。

 

 

「が」が連体修飾格になってしまう

 

その上で「おらが村」を考えてみましょう。

 

普通、「が」は主格でしょ。「私が総理大臣です」「君が悪い」とかね。

 

ところが「おらが村」と言うとき、この「が」は連体修飾格になっているんですね。古い言い方で、「君が代」とか「人間万事塞翁が馬」とかに残っている。これらは「の」と読み替えたほうが意味はわかりやすい。

 

霞ヶ関とか、千鳥ヶ淵とか、あるいは「なんとかヶ丘」とか言うのも、「ヶ」つまり「が」が連体修飾格として使われているケースです。古い表現だから、地名に残っているとも言えますよね。となれば、「〜〜ヶ浜」より「〜〜の浜」のほうが、新しい土地、新しい名前なのかな、とか想像できるわけです。

 

あと、やっぱり福岡出身者としては、「梅ヶ枝餅」を忘れて欲しくないものです。「我が福岡」の名物です。

 

 

主格の「の」を使ってみよう

それで、今度は反対に「の」が主格になることがある。たとえば「私の書いた文章」といったとき、これは「私が書いた文章」と意味は同じになりますよね。

 

連体修飾格が

 

体言・の・体言

 

という順番であるのに対して、主格の「の」として使われている場合は

 

体言・の・用言

 

の順番になることが多い。「大好きな人の選んだ曲」。うん、意味はわかる。でも、「大好きな人が選んだ曲」のほうが、ぼくにはしっくりきます。一方で、あなたが例に挙げた

 

「私が気に入っている景色」

「私の気に入っている景色」

 

だと、ぼくは「私の〜」のほうが好きだ。これは個人の好悪の感覚で決めていいと思います。

 

他にも「の」が別の格として使われることがあるけど、まあ、その話はいいでしょう。

 

まとめると、「が」と「の」は、しばしば入れ替えることができる。「が」が主格ではなく、連体修飾格として使われる場合は、「古語的言い回し」という印象が出る。

 

一方、「の」が主格になっている文章は多いが、これは「が」にしたとしても、印象の変化がほとんどないので、好みで使い分けていいのではないか。ぼく個人としては、こういう見解です。