ページの先頭です


ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

子どもの文章教室

←スクールTOPに戻る

SUMMARY

「子どもの文章教室」「うちの子、どうしても国語だけがダメなんです」「作文を書くのが億劫みたいで、毎回大変なんです」そんな親御さんの声をよく耳にします。でも、本当にお子さんは国語が“ダメ”なのでしょうか。作文が“億劫”なのでしょうか。いいえ、子どもたちは「書くこと」の楽しさをまだ知らないだけなのです。

チカラの文章教室では、毎回テーマを決めて、それに沿ってみんなで楽しく文章を書きます。講師は良いところを見つけて、とにかく褒める。文法に則っていなくても、漢字が間違っていても、それは大きな問題ではありません。チカラの「子どもの文章教室」は、子どもたちに「書く楽しさ」を伝える場所だからです。結果、子どもたちの能力は飛躍的に上がります。ぜひ無料体験にお越しください。

クラス
毎月第3土曜日 14:00~15:00
対象
小学1~6年生
定員
8人
会場
福岡市中央区2-2-1 MIKIビル402(株式会社チカラ)
月謝
3000円

TEACHER

内川美彩

ライター

内川美彩

ライター歴7年目。雑誌、人物ルポなどさまざまな分野で執筆。2013年にはノンフィクション小説「WALK」を、2016年には「子どもの成長は足で決まる!」の制作サポートに関わった。現在、2歳の娘を子育て中。

古林咲子

ライター、ブランディングライター

古林咲子

ライター歴3年目。インテリア、流通、人物ルポなど幅広いジャンルの記事を執筆。「スイーツライター」としてクロスFMのラジオに出演中。

CURRICULUM

学力の根っこは「文章力」。
作文や要約、スピーチやインタビューを楽しく学ぶことで子どもたちの「文章力」を伸ばし「考える力」を育てます。

Good&New
身近で起きた嬉しい出来事や新しいことを発表しよう
10分間作文
テーマに沿ったお話を10分間で書こう
発表会
書いたお話をみんなの前で発表しよう
再チャレンジ
さっき書いた作文のおもしろいところを膨らませよう
Who am I?
「私は誰?」のゲームで質問力を磨こう

VOICE

娘が教室で書いてくる文章を読むのが
毎回本当に楽しみです。

小学6年生・母

娘はもともと文章を書くのが好きでした。ところが小学校高学年になってからというもの、先生から「あなたの文章は自由すぎる」と言われることが増えたようで……。
確かに教科書に載っているようなお手本の文章は書けるようになりましたが、娘本来の個性がつぶれてしまった気がしていたんです。娘自身、以前のように書くことが楽しいとは思えなくなっていたようでした。でも教室に通い出してからは先生方が“褒めて”伸ばしてくださるからか娘がどんどんイキイキしだしたのが目に見えてわかりました。「お母さん、これ書いたよ!」と、娘が教室で書いてくる文章を読むのが毎回本当に楽しみです。

教室は月に一度なのですが、
息子は「毎日行きたいなあ」と言っています。

小学2年生・母

机に座っても10分も集中できないような息子が、作文用紙4枚にも渡る長文を書いてきたときは本当に驚きました。作文には大きな花丸までついていて……息子は今まで花マルなんかもらったことなかったんです。小学校の先生はよく「こうやって書きなさい」「ちゃんとやりなさい」と言われるのですが、教室の先生は「ここがよく書けているね!」とか「この部分をもっと知りたいな、教えてよ」と良いところを見つけてくださるから息子のヤル気に繋がったようです。教室は月に一度なのですが、息子は「毎日行きたいなあ」と言っています。

OTHER SERVICE

ここまでが本文です


←先頭