あれは、20歳の頃でした。

初めて150字の原稿を書いたのです。

チカラに来て、約3カ月が経っていました。私は当時「自分は文章がうまいほうだ」と思っていましたから、こんなの朝飯前だと余裕でパソコンの前に座りました。

 

結果。

 

書き上げるのに、1日かかりました。

修正を含めると、3日。“たった”150字に、です。

あのとき、ガラガラと崩れていった自信のかけらを拾い集めるのに長い時間がかかりました。

10年経った今は、150字なら10分あれば推敲まで済ませられます。

しかし、1万字ともなるとほぼ1日がかり。

もっともっと速く書けるようになりたい。

「タイピングは誰よりも速いのにねえ」なんて意地悪を、もう言われたくない!

(誰が言っているか? それは内緒です)

 

私が思うに、速く書けない理由は

  • 書きながら構造を考えているから迷う
  • 集中力が散漫

の2点だとふんでいます。

あぁ「わかってるじゃん」なんて言わないでください。

 

速く書けるコツを、知りたいのです。

部活動みたいに「鍛錬を積むしかない」のでしょうか。

 

回答はこちら