元木
文章を書くうえで大切にしていることは?
法坂
リズムですね。短ければいいというものではない。あえて長くすることもあります。目で追っていて、心地の良いもの。長短の使い分けが必要です。
元木
ハードボイルド小説のリズムについてはどうですか?
法坂
「短い短い、長い」ですね。私のような音楽好きの文章好きだと、どうしてもリズムが気になってしまいます。
元木
物書きは音楽好きが多いですよね。そういえば『弁護士探偵物語』の主人公も、かなりの音楽好きでした。
法坂
主人公のキャラクター設定を考えたときに聴くならジャズかな、と。それから意識して自分も聴くようになって、いつの間にか詳しくなっていました。

★DSC_1078

元木
法坂さんが音楽的だと思う作家は?
法坂
うーん誰だろう……チャンドラーは音楽的だと思います。逆に、まったく音楽を感じないのはハメット(※1)ですね
元木
同感です。
法坂
だからダメかというと、そうでもない。あれはあれで、ひとつのすばらしい文体が完成されています。
元木
法坂さんの文章にも音楽性を感じる。『ダーティー・ワーク 弁護士監察室』も面白く読みました。
法坂
「死が全てを癒すだろう」なんて書いたら、私自身があんな目に……。でも、もう脳は快調そのものです。
元木
大病を患われて奇跡的に回復された今、原稿はどのように書いていらっしゃるんですか?
法坂
パソコンのキーボードを片手打ちです。「できない」といったらその道はなくなるんですよね。何でも、とにかくやってみないと。車椅子生活だったのが、今は歩けていますから。裁判所まで1時間かかっていたのが今は30分で到着するんですよ。
元木
そして、マラソンもあきらめていない。
法坂
「車椅子作家」のキャッチコピーは使えなくなっちゃいましたけどね(笑)。
元木
最後に、小説を書きたい、文章を書きたい人にアドバイスを。
法坂
まず「読むこと」。そして何よりも「書いてみること」ですね。「小説なんて書けない」という人がいるけれど、書けないと言ってしまえばそれで終わりなんですよ。時間とパソコンがあれば誰でも書ける。パソコンもいらない、スマホだけでもいいかもしれません。

 


※1
ダシール・ハメット……1920~30年代に活躍したアメリカのミステリー作家。推理小説の世界でハードボイルドスタイルを確立した。代表作に『血の収穫』『マルタの鷹』